記事一覧

「ランバン オン ブルー」がロゴ“ダブルJLマーク”をテーマにアートエキシビション

ファイル 8-1.jpgファイル 8-2.jpgファイル 8-3.jpgファイル 8-4.jpg

「ランバン オン ブルー(LANVIN EN BLEU)」が、ブランドを象徴する“ダブルJLマーク”にフォーカスしたアートエキシビションを3月30日~4月7日に東京・原宿のTHE CORNERで開催する。河村康輔とYOSHIROTTENによるユニットUTOPIEやアーティスト兼モデルのColliuなど4組のアーティストが、「ランバン オン ブルー」創設の地であるパリで感じ取ったインスピレーションをもとにアート作品を制作。作品を期間限定で展示するほか、オリジナルグッズを販売する。

 「ランバン オン ブルー」は、今年で設立130年を迎えるフランスの老舗ブランド「ランバン」の日本レーベル。“ダブルJLマーク”とは、創設者のジャンヌ・ランバン(Jeanne Lanvin)のイニシャル“J”と“L”を用いたロゴのことで、今回の企画ではUTOPIEやColliu、福岡県在住のアーティストRyohei Sasaki、セント・マーチン美術大学グラフィックデザイン科を卒業したSAIKO OTAKEがそれぞれの視点でマークをアレンジした。それらのデザインを用いたTシャツやトートバッグなども数量限定で販売する。また会場にはアートワークやスケッチを組み合わせて作った“ダブルJLオブジェ”も展示する。

宿泊型ミュージアムが京都にオープン 15人のアーティストによる“泊まれるアート作品”

ファイル 7-1.jpgファイル 7-2.jpgファイル 7-3.jpgファイル 7-4.jpg

日本のアートを世界に発信する宿泊型ミュージアム「ビーエヌエー・オルター・ミュージアム(BnA Alter Museum)」が5月17日に、京都・河原町高辻にオープンする。15人のアーティストによる“泊まれるアート作品”をはじめ、宿泊者以外も楽しめるカフェやバー、ガラス張りのギャラリーを併設する。10階建て31部屋を用意し、宿泊料は2万円〜。

 同プロジェクトは、コロンビア・ワークスが不動産を開発し、同社子会社のコロンビアホテル&リゾーツが運営を、BnAが運営管理を行う。ブランドは各社の商標「Alter」と「BnA」を組み合わせたもので、共同で管理する。両社が共同で手がけるアートホテルとしては2018年にオープンした東京・秋葉原の「ビーエヌエー スタジオ秋葉原(BnA Studio Akihabara)」に続き2軒目となる。なお、BnAは16年に「ビーエヌエー ホテル高円寺(BnA HOTEL Koenji)」をオープンしている。

 アートを取り入れた宿泊施設が増える中、同ホテルではただ絵を飾る、描くだけでなく、各部屋にそれぞれコンセプトを設け、宿泊者をアーティストの世界観に誘い込む空間を作ることに挑戦。部屋の形から家具、素材までを1つのコンセプトで制作した。リオ五輪のセレモニーの演出を手がけた真鍋大度による24時間映像体験ができる部屋、BOREDOMSのボーカルの山塚EYEによるインタラクティブな音と光の部屋、国内外でインスタレーションやパフォーマンスを繰り広げる梅田哲也による水が流れる部屋など、さまざまな作品空間がそろう。

 建物の前面には10階建てのステアケースギャラリーを併設。ガラス張りになっており、階段を上りながら高さ6メートルを超える巨大展示室をのぞきこむことができる縦型ギャラリーだ。25日には、秋山ブクほか4人の作家が参加する初展示企画を開催する。

“永遠の名作”を集めたブティックが神戸に登場

ファイル 6-1.jpg

アッシュ・ぺー・フランス(H.P. FRANCE以下、アッシュ・ぺー)は4月26日、大丸神戸店1階に「アッシュ・ぺー・フランス ブティック(以下、アッシュ・ぺー・フランス)」をオープンする。同社はバッグなどのアクセサリー雑貨を販売する「ゴールディ アッシュ・ぺー・フランス(GOLDIE H.P.FRANCE)」やインテリア雑貨の「エイチ・ピー・デコ(H.P.DECO)」「ドラマ アッシュ・ぺー・フランス(DRAMA H.P. FRANCE)」、ジュエリーの「アッシュ・ぺー・フランス ビジュ―(H.P. FRANCE BIJOUX)」など、さまざまな業態のブティックを運営している。

 「アッシュ・ぺー・フランス」では“永遠の名作”である「セルジュ・トラヴァル(SERGE THORAVAL)」のアクセサリーや「ジャマン・ピュエッシュ(JAMIN PUECH)」のクラフト感溢れるバッグ、アイコニックな“リスボン”バッグで知られる「ジャック ル コー(JAQUE LE CORRE)」など代表的なブランドのほか、ヨーロッパ各地の新進気鋭のクリエイターによる商品を販売する。

 店舗空間は雑貨「コテ・ピエール(COTE PIERRE)」のデザイナーのマチルダ・ラブルシュ(Mathilde Labrouche)が手掛ける。彼女のクリエイションは異文化を受け入れる神戸の土壌やレトロモダンな雰囲気にマッチするということで、アッシュ・ペーからアプローチした。彼女は昨年初めて神戸を訪問。万華鏡のようなさまざまな表情を持つ神戸を、自身のフィルターを通して表現した。経年変化の表情が加わったミラーが整然と並ぶノスタルジックな空間になる。

 あらためて「アッシュ・ぺー・フランス ブティック」を打ち出すことについて村松考尚アッシュ・ペー社長は、「34~35年、インポーターとして世界中から商品を仕入れて販売してきた。ブランドが売れるようになるまで売り続けるということが正しかったという自信がある。モノが売れない時代だからこそ、正に『アッシュ・ぺー・フランス』という世界観を提供する店舗で消費者とクリエイターをつないでいきたい」とコメントしている。

「カルティエ」がボンド・ストリートの旗艦店をリニューアル VIP用のバーも併設

ファイル 5-1.jpgファイル 5-2.jpgファイル 5-3.jpg

「カルティエ(CARTIER)」が、ロンドンのボンド・ストリートの旗艦店をリニューアルオープンした。小売りに集中するべく本社機能をリージェント・ストリートのビルに移した他、バーやダイニングルームなどを備えたVIP専用のスペースが設けられている。

“伝統とモダニズムのマリアージュ“を大切にする同ブランドらしく、改修にあたっては、建物が建てられた当時のウッドパネルや大階段、1920年代に使われていたエントランスの大理石などが生かされている。なお、このアルベマール・ストリートに面したエントランスはずっと閉鎖されていたが、今回の改修を機に再び開けることになった。ローラン・フィニュー(Laurent Feniou)=カルティエUK マネジング・ディレクターは、「旗艦店の役割とは何かを考え直すいい機会だった。建物の骨組みは同じでも、以前とは全く違うブティックに生まれ変わった」と語る。

売り場は白と金色の家具でまとめられ、自然光がふんだんに入るよう設計されている。プライベートサロンや、同ブランドの貴重なアーカイブ・コレクションが展示されているスペースは、ベルベット素材のソファや落ち着いた色合いのファブリックでしつらえられており、個人の邸宅のような雰囲気だ。また、新たに設けられたワークショップでは購入した製品をパーソナライズできるようになっており、現段階では同旗艦店のみのサービスだが、将来的には同社のウェブストアでも可能にしたいとフィニュー=マネジング・ディレクターは言う。

VIP専用のスペースは「ラ・レジデンス(LA RESIDENCE)」と呼ばれ、バー、キッチン、ダイニングルーム、そしてラウンジエリアが設けられている。フィニュー=マネジング・ディレクターは、「お得意さまをもてなす空間であると同時に、セレブリティーがイベントを行うスペースとして使うことも想定している。子どもたちが遊ぶ横で両親が新たなコレクションを楽しむような、ゆったりとした午後に使われた翌日に、女優やアーティストが友人を招いてパーティーを開催するというようなイメージだ。極めてエクスクルーシブなスペースであり、直接入ることはできないようになっている」と説明した。

「カルティエ」は、現代の小売りで重要なのは“エンターテインメント性”だという。そのため、店内の家具や陳列棚は全て可動式で、イベントやパーティー、展示会やミニコンサートなどが開催できるようになっている。ブティックは顧客の大切な瞬間を祝う場所でありつつ、文化的な体験を提供する場所でもあるという構想だ。

また、より幅広い層に向けてSNSの活用やオンライン販売もさらに強化していく。「カルティエ」は、同じくコンパニー フィナンシエール リシュモン(COMPAGNIE FINANCIERE RICHEMONT)傘下のEC企業ユークス ネッタポルテ グループ(YOOX NET-A-PORTER GROUP)が運営する「ネッタポルテ(NET-A-PORTER)」でも高い売り上げを誇っているが、オンラインと実店舗での買い物体験をより洗練された形で結びつけることが狙いだ。「イギリスの消費者はオンライン販売に慣れているが、他にはないサービスを提供したい。例えば、パーソナライズした製品をオンラインで購入したお得意さまに対して、それを当日の午後にベルボーイが自宅に届けるといった演出をすれば、オンラインでも特別な買い物体験を提供できる」。

「カルティエ」は実店舗でも“エクスクルーシブ感”を重視しており、ボンド・ストリート旗艦店のために特にデザインされた“クラッシュ(CRASH)”ウオッチや、今年発表された“ギルランド(GUIRLANDE)”バッグを販売する。バッグはロンドン、ニューヨーク、パリの旗艦店にのみ置き、数も絞っている。今後も、こうした限定品や貴重なアーカイブ製品を店頭に出していき、何度も来たいと思わせる魅力をブティックに与えるという。

英経済はEU離脱に関連して先行きに不透明感があるものの、ハイブランドが集まるボンド・ストリートは、「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」や「アレキサンダー・マックイーン(ALEXANDER McQUEEN)」が新規開店し、「シャネル(CHANEL)」「ディオール(DIOR)」「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」がリニューアルオープンするなど活気に満ちている。なお、「カルティエ」は同旗艦店のリニューアルに加えて、老舗百貨店セルフリッジ(SELFRIDGES)の売り場も改装する。フィニュー=マネジング・ディレクターは、「さまざまな方法で顧客にアピールしたいと考えている。コレクションに対応した若々しく活発な雰囲気の売り場も、ヨーロッパ競馬のカルティエ賞といった伝統的な社交イベントも大切だ」と説明した。

Dr.Martensの最新ムービー「STAND FOR SOMETHING」がクール

ファーストモデルが1960年4月1日に誕生して以来、世代やスタイルに関係なく愛され続けているDr.Martensの、今シーズンのキーワードは「STAND FOR SOMETHING」。自分が表現したいこと、伝えたいこと、自分が自分らしくいるためのものは何か、というキーワードをテーマにムービーを製作した。それがとてもクールと話題になっている!

ムービーには、スキンズファミリーのイアン、サウスロンドンに拠点をおく注目のシンガーソングライターのミスティ・ミラー、クラブDJのヴィーナスX……さまざまな世代、ライフスタイル、信念を持った個性的な8名のキャラクターが登場する。

そして、個性豊かなキャラクターたちを撮影したのは、フォトグラファーのジェームス・ピアソン。ひとりひとりを取材し、撮影されたムービーでは、自分は何者か、何を表現し、何を支持するのかを8名のキャラクターが語っている。ジェームス・ピアソンらしいルポタージュスタイルで、それぞれの個性を強烈に印象付けている。さらに、キャラクターたちのファーストマーチンやジェームス・ピアソン自身の過去の写真も登場する演出もおもしろい。

それぞれのスタイル、シーンでDr.Martensをリアルに楽しんでいるキャラクターの姿に共感を覚えるはず!

国内外の人気ブランドも登場! Priv.Spoons Clubのバレンタインフェアが開催

ファイル 3-1.jpg

ライフスタイルブランド Priv.Spoons Clubのバレンタインフェア期間中、注目の3ブランドが揃うポップアップストアが代官山本店にて登場
イギリスのオーガニックチョコレート LOVE COCOAや、日本発のブランド OVER THE TWELVE UNDERWEAR、多くのセレブも愛用するソックスブランド STANCEが集結 
公式オンラインストアと代官山本店では、無料の刺繍サービスも実施。きっと喜ばれるハイセンスなアイテムが揃うストアにぜひ訪れてみて!
いつもPriv. Spoons Club をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
只今、Priv. Spoons Club では、< Valentine Fair >を開催中です。
日頃の感謝の気持ちを込めて、大切な方へギフトを贈るバレンタイン。
Priv. Spoons Club代官山本店では< Valentine Fair >といたしましてPOPUPを開催。"LOVE COCOA" "STANCE" "OVER THE TWELVE" よりバレンタインにぴったりなアイテムをご提案いたします。
2月1日(金)から2月14日(木)までの期間限定開催ですのでお見逃しなく!
また上記の期間、代官山本店、公式オンラインストアでは、刺繍無料サービスを実施中です。お客様のご要望にお応えして、人気のトラベルシリーズ(一部)にも刺繍が可能となりました!!更に、トラベルシリーズに"ブラック"の新色も登場!!大切な方への贈り物を更に、世界でひとつだけの特別なバレンタインギフトとして贈ってみてはいかがでしょうか。
是非ともこの機会をお見逃しのなきよう、ご利用くださいませ。
TRAVEL SERIESに新色が登場!
今なら、トラベルラインへの刺繍も無料にて承り中!!
知る人ぞ知る!イギリスのオーガニックチョコーレートブランド
Priv.Spoons clubのValentine fairではLOVE COCOAのチョコレートが全種類ラインナップ!
イギリスで高い水準を設けているオーガニックフード連合認証。
パッケージ賞を受賞したオシャレな見た目と、こだわりの本格カカオ!
そして社会環境を考えたチャリティー&フェアトレード。
美味しくてカラダにも優しいオーガニックチョコレートはギフトにピッタリ!
・タブレットチョコレート 80g 12種類 980円(税抜)
・トリュフチョコレート 150g 3種類 2,450円(税抜)
多くのセレブも愛用!カリフォルニア生まれの最旬ブランド!
奇抜でかっこいいデザインを得意とするSTANCEは多くのセレブにも愛されています。
そして、スタンスのソックスは履くと何かが違う。はき心地にも、デザインにもこだわったソックスをギフトすれば喜ばれる事間違いなし!
・全20種類 1,800円~2,800円 サイズ: Lサイズ(25.5cm~29cm)
ユニークで独創的なデザインで人気を博している日本発のブランド!
1970年代から1980年代のアメリカンポップカルチャーをコンセプトに遊び心あふれるデザインのアンダーウェアが魅力のオーバーザトゥエルブ。
バックポケット付きのボクサーパンツは代表作のひとつ。
人とは違うボクサーはオシャレ感度の高い人も満足してくれるギフトになるはず!
・全5種各2色3,500円~3,700円 サイズ: A (Sサイズ) B (Mサイズ)C (Lサイズ)
世界でひとつだけの特別なバレンタインギフト
バレンタインフェア期間中は刺繍サービスが無料。人気のトラベルラインに新色<ブラック>も登場!トラベルシリーズにも刺繍が可能となりました!この機会、お見逃しのなきように!!

暗闇フィットネスのパイオニアが“本気”のアパレル店を青山にオープン

ファイル 2-1.jpg

暗闇バイクエクササイズを行う「フィールサイクル(FEELCYCLE)」運営会社のフィールコネクションは、東京・南青山にアパレルのセレクトショップ「ディファレントリー(DIFFERENTLY)」を2月10日にオープンする。“地球を遊ぶ”をコンセプトに、イタリアやポーランドなど各地で買い付けた日本未上陸の約10ブランドの他、「フィールサイクル」のオリジナル商品をそろえる。30~40代の女性をメインターゲットに据え、デニムや前面にアートを施したニットなど、カジュアルアイテムを中心にラインアップ。エントランスには1カ月ごとに各国のアーティストの作品を展示するギャラリーを併設する。

 同店のディレクションやオリジナル商品を手掛けているのは、真木賢太郎アパレル&グッズ事業部長だ。過去にアパレル企業で販売や企画、バイヤーなどを経験した真木事業部長は「トレンドを意識したビジネス先行型の商品ラインアップではなく、職人やデザイナーたちが本気で作り、着てかっこいいと思えるものだけをそろえた。昔のセレクトショップの感覚だ」と語る。一部の取り扱いブランドとは、生地の選定などを共同で行い、商品を開発している。「コラボするなら、一から一緒にデザインをしようとお願いした。あくまでコラボではあるが、ブランドの人たちと新しいブランドを作っているような気持ちになった」。

 今後はアパレル以外にも取り扱い商材を拡充していくという。「ギャラリーではアートを展示しているように、ショップにはアパレルに限らず人が本気で作ったものを増やしていきたい」と語る。同店の業績次第では海外進出も視野に入れているという。「“地球で遊ぶ”をコンセプトに据えているので、必ずしも日本だけでショップを運営する必要はない。商品を共同開発しているブランドからは一緒にショップをやろうという声もかかっている。ゆくゆくは海外で、日本の“本気”を提案していきたい」。

ニットの暖かくおしゃれに過ごそう

ファイル 1-1.jpgファイル 1-2.jpgファイル 1-3.jpgファイル 1-4.jpgファイル 1-5.jpg

ニットは幅広いコーディネートで活躍してくれる秋冬の必須アイテム。今回は品質面とデザイン面の両方に優れたブランドを世界中から厳選してご紹介します。ニットにはさまざまなタイプがあるので、それぞれの特性をしっかりチェックしてみてください。
ニットを選ぶ上でまず確認したいのが素材です。コットン製のニットは柔らかく弾力性に優れています。水洗いに適しているので、デイリーユースにピッタリのアイテムです。
一方、ウールは保温性の高さが特徴。水溶性の汚れに強く、型崩れしにくいのが魅力です。中でも、極上の肌触りや上品な光沢感を楽しみたい方はカシミアを検討してみてください。
ニットの印象を大きく左右するのがネックの形状です。首回りにピッタリと沿ったクルーネックはカジュアルな雰囲気が魅力。一方、首元がV字にカットされたVネックはスタイリッシュな印象を演出してくれます。
保温性を重視したい方には首をしっかり覆ってくれるタートルネックがおすすめ。そのほかにも横に広く開いたボートネック、クルーネックとタートルネックの中間のようなデザインのモックネックなどさまざまな種類があります。
編み方もニットを選ぶ上で重要なポイントのひとつです。ハイゲージのニットは細い毛糸で密に編まれており、艶やかな質感が特徴。大人っぽいコーディネートで活躍してくれます。
反対に、太めの毛糸をざっくり編み込んだのがローゲージ。暖かみのある印象で、カジュアルスタイルにピッタリです。
1784年に設立されたイギリスの老舗ブランド「ジョンスメドレー」。メリノウールをはじめとする上質な素材を使用したニットは、しなやかな肌触りと気品の漂う美しい光沢に定評があります。手間のかかる工程を重ねることで完成した、心地よいフィット感をぜひ楽しんでみてください。
ジョンスメドレー自慢のオリジナル素材「シーアイランドコットン」を採用したハイゲージニット。薄手の生地をスタンダードフィットで仕上げており、ソフトな着心地が魅力です。
プレーンなデザインで、カジュアルからビジネスまでの幅広いコーディネートに馴染んでくれます。オールシーズンで着用できるトップスを探している方におすすめです。
モックネックの首元が印象的な長袖ニット。メリノウールを30ゲージで編み込み、光沢感と高級感のある生地が完成しています。
ゆとりを抑えたミニマムなフォルムなので、ジャケットの下などにも着用できます。ワードローブに加えれば、秋冬シーズンに大活躍してくれるアイテムです。
ドルモアは1773年にスコットランドでスタートした世界最古のニットブランドです。歴史の中で培われた確かなクオリティーで英国王室御用達の称号を獲得。現在は拠点をイタリアに移し、シルエットやデザインにトレンド要素を盛り込んだアイテムを生産しています。
ケーブル編みが特徴的なアランニットはドルモアを代表するアイテム。ローゲージのウールを使用することで、ゴワツキのない柔らかな着心地を実現しています。
本モデルはデニムやスラックスといったシンプルなボトムスと合わせるのがおすすめ。細身のシルエットで仕上げられているため、ジャケットやコートの下に着用するのも最適です。
ふんわりとした柔らかな生地感が目を惹くクルーネックニット。ベーシックなデザインで老舗のドルモアならではの魅力を引き立てています。
ポイントはミドルゲージのカジュアルな質感。重くなりがちな秋冬のコーディネートを軽やかにしてくれるアイテムです。
シーピーカンパニーは広告印刷業界出身のデザイナーによって創業されたイタリアのファッションブランド。洗練されたデザインと豊かな色彩で独自の世界観を築いています。機能的でありながらスタイリッシュなデザインが本ブランドの特徴です。
ウールとポリアミドをミックスした、撥水性のある素材が魅力のクルーネックニット。ハイゲージの軽やかな風合いにこだわったアイテムです。
袖に配したジップポケット付きのゴーグルレンズがデザインのアクセント。イエローやワインといったユニークなカラーリングも相まって、他にはない存在感を演出しています。
「ルトロワ」は2009年に誕生したフランスのブランド。シンプルなデザインのニットや伝統的なバスクシャツで人気を集めています。「マイユ」と呼ばれる編み機によって生み出されるカットソーは前後の継ぎ目がないシームレスな構造でストレスのない着用感が魅力です。
定番のボーダーデザインとフランスらしい洗練されたフィッティングが上品なバスクニット。素材には上質なコットンを厳選しており、肌触りは滑らかです。
スッキリとした首元で軽やかな着心地が特徴。合わせるボトムスを選ばないので、オールシーズンに渡って重宝します。
シャツメーカーとしてイタリア・ミラノ近郊で誕生したブランド。70年代にアウトドア色の強かったダウンジャケットをタウンユースしやすいダークカラーで提案するなど、先見性を持ち合わせた独自のセンスが魅力です。現在もクラフトマンシップ溢れるアイテム作りで人気を集めています。
イタリア語で静寂を意味する「SILENZIO」をプリントした、遊び心あるデザインのクルーネックニット。身体にしっかりフィットするモダンなシルエットが魅力です。
動物性の天然素材であるヤクとウールを混紡した生地は保温性抜群。深みのあるカラーリングもポイントで、コーディネートに季節感を演出できます。
イタリアを代表するカジュアルウェアブランド。斬新なデザインを追求し、個性豊かなアイテムを数多く生産しています。素材選びや縫製技術に重点を置くなど、質の面でもこだわりが強いのがディーゼルの魅力です。
シャープなVネックが特徴の長袖ニット。左胸のブランドロゴ刺繍やショルダーに入ったボーダー状のキルティングといった控えめな装飾が、品のよさを演出しています。
コットン、ナイロン、エラステインによるミックス素材は伸びやかで着心地は抜群。トップスとしてもジャケットの下にも活躍できる、汎用性に優れたアイテムです。
イタリア屈指のニットファクトリーが手がけるオリジナルブランド。ヨーロッパの有名ブランドにも認められるクオリティーとモダンなデザインセンスが特徴です。パリやロンドン、東京など、世界の主要都市のセレクトショップで展開されています。
首元を覆ってくれるモックタートルネックの長袖ニットです。保温性が高いので秋冬にピッタリのアイテム。ケーブル柄のクラシカルなデザインがポイントです。
ウール100%をミドルゲージで仕上げており、その質感はまるでカシミアを加えたかのように艶やか。ガーメント処理により濃淡が生まれ、温かみのあるカラーリングが魅力のアイテムです。
トロミのある肌触りが魅力のミドルゲージニット。スタンダードなシルエットなのでクセがなく、どんなスタイリングにも馴染みやすいのがポイントです。寒色を中心としたクールなカラーリングが展開されています。
イタリアのみならず世界のファッション界を牽引するラグジュアリーブランド。巧みな素材使いと、洗練されたデザインが持ち味です。ウェアはもちろん、バッグ、シューズ、アイウェア、フレグランスといった各分野で絶大な人気を誇っています。
ヴァージンウールを贅沢に使用したプラダらしいクルーネックニット。キャッチーなダイナソーモチーフを編み込み、大人の遊び心を演出しています。
1枚で着用してもインパクトは抜群。個性的なコーディネートを楽しみたい方におすすめです。
「自分たちが着ていて、心地良い物を作りたい」という思いからスタートした、日本の新鋭ニットブランド。デイリーユースに重宝するベーシックなデザインのウェアを製造しています。流行に左右されないアイテムを探している方におすすめです。
ざっくりとローゲージで編み込まれたクルーネックニット。素材のスーパージーロンラムはソフトな感触が特徴で、抜群の暖かさを誇ります。
シルエットがゆったりとしているので、細身のボトムスと組み合わせればメリハリのあるスタイリングを楽しめます。
世界的なバイヤー、ピエール・フルニエがパリにオープンしたセレクトショップ「アナトミカ」。こだわりに溢れたオリジナルウェアを展開しています。メンズライクな独特の雰囲気と、フランスらしいエレ首をしっかり覆ってくれるタートルネックの長袖ニット。スコットランド・シェットランド島産の上質な羊毛を日本で染色・縫製しており、高い品質が魅力です。
脇に縫い目がないシームレスな構造がストレスのない着心地を演出。ベーシックなデザインで、幅広いコーディネートによく馴染みます。
「良い商品を適正価格で提供したい」という理念のもと、2009年に誕生したイタリアブランド。熟練の職人技と、希少なヴィンテージ編立機によって生み出されるニットウェアで高い評価を集めています。コスパに優れたカシミア製品を探している方には「セッテフィーリ カシミア」がおすすめです。
ウールとレーヨンにカシミアを混紡した極上の素材を採用し、柔らかな肌触りが魅力のモックネックニットです。
スラックスをはじめとする、フォーマルなボトムスと合わせるのがおすすめ。さらに、トップスとしてだけでなくジャケットスタイルも品よく仕上げてくれます。
「インバーアラン」はスコットランドで創業したハンドメイドニットメーカーです。看板アイテムのアランセーターを中心に、ツイードジャケットやマフラー、帽子を展開。世界最高峰の品質とも謳われるニットは、ニッターが約90時間かけて編み上げています。
正統派のケーブル編みで仕上げられたクルーネックニット。生後6カ月未満の子羊の羊毛をセミハンドメイドで編み込み、軽やかな着心地を実現しています。
マスタードのほかにもレッドやブルーといった色展開がされており、ビビッドで美しい発色がポイント。コーディネートに彩りを加えてくれるアイテムです。
インドの伝統的なカシミール紋様を再現すべく、1968年にジンモ・エトロ氏がテキスタイルメーカーとして設立。現在はウェアやバッグ、アクセサリーを手広く展開するトータルブランドに成長しています。ラグジュアリーな雰囲気の漂う、個性的なラインナップが特徴のブランドです。
クラシックなアーガイルモチーフを単色で編み上げ、モダンなテイストにアレンジしたデザインニット。ローゲージに仕上げたラナウール素材は弾力性に富んでおり、心地よいフィット感を演出します。
1枚で着ればコーディネートの主役に、ジャケットの下に用いればアクセントとして活躍してくれるアイテムです。イタリアブランドらしい贅沢さをぜひ楽しんでみてください。
2001年にパリでスタートした「メゾンキツネ」はファッションだけでなく音楽やアートといった幅広い活動を行うグループ。ファッションにおいては「ニュークラシック」を掲げ、シンプルで実用性に優れたコレクションを展開しています。
身体のラインにピタリとフィットするスリムなシルエットが魅力のクルーネックニット。着丈が短めなのでスッキリと着こなせます。
キツネを模した三色のブランドロゴがデザインのアクセント。上品なフレンチカジュアルスタイルを完成させるのにピッタリのアイテムです。
アレクサンドル・マテュッシ氏が設立したフランスのファッションブランドです。コンセプトは「全てのメンズに向けた完璧なワードローブの提案」。フランス語で「友人」を意味する「アミ」を含んだブランド名の通り、親しみやすいウェアを手がけています。
ハートマークとブランドロゴがワンポイントになったクルーネックニット。肩のラインを落とし、リラックスしたシルエットに仕上げています。
伸縮性に優れたコットン生地を採用しており、着心地は抜群。オールシーズンに渡ってさまざまなコーディネートで活躍してくれます。
一見シンプルなデザインに見えるニットですが、各ブランドがそれぞれのこだわりを存分に発揮しています。今回ご紹介したブランドを参考に、合わせるアイテムとの相性やコーディネートの方向性を考慮して最適な一着を見つけてください。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ