記事一覧

「ランバン オン ブルー」がロゴ“ダブルJLマーク”をテーマにアートエキシビション

ファイル 8-1.jpgファイル 8-2.jpgファイル 8-3.jpgファイル 8-4.jpg

「ランバン オン ブルー(LANVIN EN BLEU)」が、ブランドを象徴する“ダブルJLマーク”にフォーカスしたアートエキシビションを3月30日~4月7日に東京・原宿のTHE CORNERで開催する。河村康輔とYOSHIROTTENによるユニットUTOPIEやアーティスト兼モデルのColliuなど4組のアーティストが、「ランバン オン ブルー」創設の地であるパリで感じ取ったインスピレーションをもとにアート作品を制作。作品を期間限定で展示するほか、オリジナルグッズを販売する。

 「ランバン オン ブルー」は、今年で設立130年を迎えるフランスの老舗ブランド「ランバン」の日本レーベル。“ダブルJLマーク”とは、創設者のジャンヌ・ランバン(Jeanne Lanvin)のイニシャル“J”と“L”を用いたロゴのことで、今回の企画ではUTOPIEやColliu、福岡県在住のアーティストRyohei Sasaki、セント・マーチン美術大学グラフィックデザイン科を卒業したSAIKO OTAKEがそれぞれの視点でマークをアレンジした。それらのデザインを用いたTシャツやトートバッグなども数量限定で販売する。また会場にはアートワークやスケッチを組み合わせて作った“ダブルJLオブジェ”も展示する。