Enjoy
-BORO ONLY-

[663] ロックなテレビを始めてみた! - 2019/01/22(Tue)  

【BORO’s Time De R】
(ボロの時間で あ~る)
毎週(火) 午後9:30〜10:00
そんな番組をスタートした!
自分の想いを馳せて語り歌う番組だ!
凄く楽しい!
最近の私は!
BOROを楽しんでいる!
やっと BOROに成れた!
16歳の少年 BOROの夢を叶えるために!
頑張れ BORO!
負けるな BORO!
『オマエなら出来る!』
民衆の代弁者として君臨する!
ぜひ!
ナマでコメントして下さい!
私がそれに応えます!

聴取方法!
放送開始時刻になったら!
下記のアドレスにアクセス!
 
 https://twitcasting.tv/hakubaboro33

さあ!!!
私と一緒にロックな時間を過ごしましょう!




[662] 24年/ご冥福を祈りつつ・・・ - 2019/01/18(Fri)  

あれから24年・・・
1995/1/17 / 5:46
阪神淡路大震災!
私は伊丹市の自宅で被災!
その2日後から!
民音全国ツアーがスタート予定でした!
先ずは大阪厚生年金会館大ホール!
照明や音響のスタッフから連絡が入る!
『倉庫がグチャグチャで機材が取り出せない』と。
しかし・・・
ツアーはスタートした!
厚年のステージへはオープニングSE無しで登場!
無言無音で登場した。
そして・・・
哀悼の意を表し「黙とう」した!
そんな感じでステージは始まった!
死者数の数もその時点では数十人と発表されていた。
被害状況は把握されていなかった!
次の京都でも黙とうからスタートした!
次第に死者数が増えていった!

あれから24年・・・

私たちはあの日の誓いを今も覚えているだろうか?
私たちはあの日のいたわりの心を今も覚えているだろうか?
私たちはあの日の涙の誓いを今も覚えているだろうか?

もっと支えあいたい!
もっと優しくしたい!
もっと人に尽くしたい!

あの時生まれた「ランナーの靴音」!
今も多くの人を励ましています!
合掌・・・

※ あの日の厚年ライブは忘れられない!
思い出となりました!
照明の機材も予定の半分の量でやりました!
チケットは完売でした!
あの大震災の中8割の人が来てくれました!
中には神戸方面から『線路を歩いて来たんや!』
と叫んだお客様がいた!
みんなで大拍手を贈った!

涙、涙のライブでした!
あれから24年・・・
心よりご冥福をお祈りします!
BORO




[661] だからといって・・・ - 2019/01/17(Thu)  

自分が最低な人格に思える時がある!
死んだ方がマシだと思う時がある!
だからといって・・・
死ぬわけにはいかない!
それならば・・・
生きるしかない!
どうせ生きるなら・・・
楽しく笑いながら生きたいと思う!
それならば・・・
自分を卑下することを辞めよう!
二度と思うまい!
自分の中の仏を信じよう!

自分が大嫌いになる時がある!
『自分よ死んでしまえ!』と思う時がある!
だからといって・・・
死ねない!
それならば・・・
『生きて生きて生き抜くんだ!』と決意しよう!

どんな失敗も愚かな行為も・・・
自分の中の仏が変毒為薬させる!

【 BORO/ブランコに乗って進軍ラッパを吹く少年】




[660] 『千尋の谷』をロックで考える! - 2019/01/16(Wed)  

弟子が増上慢になるから師匠は必要なのだ!
私も突き落とされた経験がある!
恨みもしなかった!
憎みもしなかった!
何故なのか?
それを自分に問い続けた!

増上慢!

そこにゆきつく!
師匠の元へ行きそれを伝える!

何もいわない師匠は拳を私に振って見せた!
千尋の谷は獅子への道!
師の元へ行きそれを伝えなければならない!
それが真の弟子の姿!

師匠と一緒に歩みたければ・・・

手紙ではなく!
師の元へ行かなくてはならない!
メールやメッセンジャーやラインなんて!
あり得ない!

千尋の谷をロックで考えると!
こうなる!
獅子の子たちよ!
威風堂々とロックせよ!
谷を越えて来い!






[659] 触る! - 2019/01/10(Thu)  

触(さわ)る・・・
触(ふ)れる・・・
人間にとってそれほど大切なものはない!
いや!
生命にとって・・・

花も樹木も水も土も!
人間にとって触る事がいかに大事か!
触る事によって勇気をもらえる!
触る事によって希望が蘇る!
触ると元気になる!

触る・・・

さあ!人類よ!
触るのだ!触れ合うのだ!抱きしめるのだ!
慈しみと愛を持って!
すると・・・
触るに良き意味が蘇る!




[658] BOROが BOROを楽しんでいる! - 2019/01/06(Sun)  

やっぱりBOROという名前が好きだ!
この名前は良い!
だから・・・
もっと良い歌を創作する!
それは・・・
魂の叫びだったりする!
重い人には重い!
暗い人には暗い!
楽しい人には楽しい!

それが BORO!

それでいいのだ!
自分が一番輝いていると思える瞬間を忘れない!
それは・・・
私が 『BOROでいる時!』
それでいいのだ!

私はやっと BOROに成れた!

BOROに誇りを!
へし折られても私は BOROに成った!

BOROが BOROを楽しんでいる!






[657] 大工の棟梁はいつも私の家でロックする! - 2018/12/10(Mon)  

今日は空から音符が降った!
トラック2台でやって来る!
大工の棟梁家族がわが家にやって来た!
わが家のメンテナンスは三岳に任せている!
屋久島出身の大工の棟梁!
その息子は双子の兄弟!
番頭さんは桜満開の笑顔の人!

今日は空から音符が降るよ!

棟梁とは28年の付き合いだ!
私の家の面倒を見てもらっている!
芸術的センスが楽しい棟梁だ!

トンカチ片手にロックする!
働き者の棟梁とその双子の兄弟!
番頭さんも頭が切れる棟梁の片腕!
みんなでワイワイ仕事する!

笑い声がロックしている!
ニコニコしながら仕事する!
私の大好きな棟梁とその仲間たち!
彼らはいつも私の家でロックする!
この家を芸術的にメンテナンスする!
だから私は歌います!
真心込めて歌います!
今日は空から音符が降るよ!
BORO