AYAKA基金のあゆみ
-BORO ONLY-

[12] 出会い -  

1991年の夏。

BOROは難病患者である綾佳ちゃんと出逢う。

話を聞くと“綾佳ちゃんは、BOROと同じ伊丹市内に住んでいるとのこと。
そして、そのご両親から『綾佳の生きた証になる歌を作って欲しい』と頼まれた。

この出会いが、『AYAKA基金』の始まりだった。

(つづく)

綾佳ちゃんとの出逢い by BORO
 



[11] 『AYAKA MY LOVE』 -  

そんな出来事から綾佳ちゃんとの交流が始まった。

BOROの家での「たこやきパーティー」
綾佳ちゃんの授業参観
みんなでキャンプにも行った。

やがて、“綾佳ちゃんの歌”が何曲も出来上がり、その中で綾佳ちゃんが一番好きな曲『AYAKA MY LOVE』を、CDアルバム「慈愛」の中にレコーディング。

その印税の全てを難病克服のために使ってもらおうと考えた。

(つづく)



[10] 『AYAKA基金』の設立 -  

そのうち、今まで知らなかった事が、わかり始めてきた。

筋ジスは病気の原因も治療法も解らず、それを研究している医師も少なく、その研究には莫大なお金が必要であること。
BOROは医者ではない。しかし、歌を歌って募金活動やメッセージを伝えることはできる。

そんな思いが日に日に強くなり、93年6月、多くの善意の方々に支えられ、『AYAKA基金』は設立された。

(つづく)